2012年11月の月別アーカイブ
奥さんが「でぶlog」にすればって言うんで
11月
21
2012

CELEBRATION DAY遂に来た

image

12/10/2007 ロンドン O2 Arenaで開催されたLED ZEPPELINのコンサートがメディアで販売された。 今見ているんだけど、もう最高だー。当時応募はしたんだけど外れちゃったからね。Jasonもいいぞ!

11月
18
2012

宝泉院・三千院・曼殊院

今日は,京都の大原に行ってきた。

大原と言えば三千院なわけだけど,奥さんは宝泉院に行くと言うんでついていった。もともとは大原の宿坊だったらしい。五葉の松っていう見事な松や石盤っていう良い音が出る 石を並べた楽器みたいのがあったりして,京都は奥が深いなぁってあらためて感じた。

すぐそばにある有名な三千院は,大勢の人で大賑わい。三千院って呼ばれるのは明治になってからだそうだ。国宝の阿弥陀三尊像は,2人の観音像が正座しているように見える珍しい観音様。大原は観光客がいなければ素朴な村っていう感じで,昔だったら,身を隠したり,少し世間から距離を置いて自分を見つめ直したりするのに,良い場所なんじゃないかなって思った。

それにしても,今日は寒い・・・

三千院を見終わって帰る途中でひょんな事から曼殊院に行ってみることに。狭い道を車で上っていくと,けっこう多くのタクシーが来ている。庭園が見事な枯山水庭園 😯
染紙に美しいかなで書かれた古今和歌集(写本?)や,信玄,信長,家康達の手紙なんかもあってビックリ。

また,大原には来てみようと思う。

むk五葉の松

【関連記事】

11月
10
2012

大エルミタージュ美術館展

京都市美術館へ「大エルミタージュ美術館展」を見に行った。
東京の国立新美術館で前にやっていたんだけど京都で開催ということで,初めての京都市美術館です。ロシアのサンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館から,16世紀から20世紀の各時代を代表する画家の作品を89点選んでの展覧会とのこと。

レンブラントの「老婦人の肖像」は,けっこう荒いタッチで描いた作品。この時代の絵って暗いバックの絵が多いなぁ。この展覧会でこの時期がバロックということを初めて知った 😉  全くの素人なんでしょうがないんだけど,もう少し勉強しないといけないな。まあ素人が見たってやっぱりレンブラントの絵は素晴らしいです。ルーベンスの絵が自分の部屋に飾ってあったら,やっぱり良いなぁ。
セザンヌの「カーテンのある静物」は,色も独特なんだけど構図っていうのか変なバランスっていうか,そんなのが他の人とは違うなって思う。とても美味そうには思えないリンゴ。奥さんはこの絵のクリヤーファイルを買ってました。
ルソーの「ポルト・ド・ヴァンヴから見た市壁」は,前に見たオルセー美術館展で見たあの色合いではない,でもなんとなく今回の展覧会の作品の中で一番好きな絵だな。シンプルな作品なんだけど,見ているうちにいろいろ考えてしまう不思議な絵。
展覧会の最後の絵,はマティスの「赤のハーモニー」。最初は青い色で描いたのをあとから赤い色に変えたそうだ。絵の縁にはそれが残っている。なんか平面的なグラフィック絵みたいな感じで不思議な絵だ。テーブルにある果物のような物は,なんとなくセザンヌっぽい気がする。

たまに絵を見に行くのも良いもんだ。

【関連記事】

11月
04
2012

摂津峡公園を歩いた

住んでいる茨木から30分ぐらいの所にある摂津峡公園を歩いてきた。(麓の駐車場は1000円/1日)

11月初旬と言うことでまだ紅葉には早かったけど,手軽にハイキング出来て運動不足の体にちょうど良い感じ。麓にある桜公園をスタートして渓谷の横の道を登っていけるようになっている。人が歩いていない山道もあったり,滝があったり,もちろん空気も美味しい。よく整備されている市営のキャンプ場もあって,そこで許可をもらってランチした。

麓には,普段よく行っている美人湯 祥風苑があって,今回もすべすべになる温泉に入ってきた 😉

桜の名所らしいんで,春も来てみようと思ってる。

【関連記事】


ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録