奥さんが「でぶlog」にすればって言うんで
2月
10
2014

はじめての兵庫県のスキー場,氷ノ山国際スキー場に行って来た。

山梨県に行こうと思っていたんだけど大雪で中央道が通行止めってことで,兵庫県のスキー場で氷ノ山国際スキー場ってところに行ってみることに。
マックアースの関西のスキー場の前売りリフト券を買っていたんで,その中から氷ノ山国際スキー場を選んだ。大阪からは160km程度で意外と近い。スキー場は雪がけっこう降っていて,ゲレンデも柔らかい。

それにしても実質リフト3本(ペア2本,シングル1本)で4000円は高いんじゃないかな。リフトは何時設置されたのかわからないほど古いし,寝ちゃうぐらいに遅い。02/09のこの日は,スノーボード西日本地区大会SL開催でパノラマコースの一部規制されていたしね。駐車代も土日は1000円らしいが,もうすでにスキー場前は満車ということで,スキー場からちょっと離れたところにある駐車場はお金とられなかった。送迎してくれるんだけど,これがエスティマで3人しか乗れない 😉 後からマイクロバスも来たけど,1台しかないようだ。

雪もまあまあでゲレンデも広いんだけど,なんか面白くない。今年行ったスキー場ではリフト待ちがないのが唯一の良いところかな。一番上部に,かつてゲレンデ(チャレンジコース)があったみたいだけど,いまは閉鎖されている。
ファミリーコース下りてきたらなんとテントを設置しているグループを発見。キャンプ場があるみたいだ。(一人500円)
お待ちかねのカツ丼も,上げたカツに卵のアンを上に載せるだけっていう代物。関西のカツ丼てなんかほんとうまくないんだけど,ここのは酷い。氷ノ山国際スキー場水曜日,女性はリフト代無料だって 😛

【関連記事】

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ