‘コンサート’ タグのついている投稿
奥さんが「でぶlog」にすればって言うんで
11月
12
2013

ポール・マッカートニー@京セラドーム大阪

11.11@京セラドーム大阪いやー,11年ぶりに来日のポール・マッカートニーのコンサートに行ってきました。
始まるの遅れるのかなって思ったけど,意外と早くて10分遅れぐらいだったかな,それにしてもポールは歌いっぱなしシャウトしっぱなしで2時間30分以上も。流石です 😛

Beatlesの曲も半分以上演っていて,ずーと一緒に歌ってました。ジョンへのHere TodayやジョージへのSomethingにはやっぱり涙が出てしまった。Somethingはウクレレでのおなじみの演奏がいいんだよな。
ポールはサイケデリック塗装のレスポールやサンバーストのEpiphone Casinoなんか弾いていて,Guitarの方が多かった気もした

アンコールでの曲は,Golden Slumbers,Carry That Weight,The Endで,もうまさに最後にふさわしいというかこれが生で聞けたっていうのは,もう思い出すと泣けちゃいます。このコンサートに行けて本当に良かったです。

演奏した曲・・・
1. Eight Days a Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Listen to What the Man Said
5. Let Me Roll It
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred and Eighty-Five
9. The Long and Winding Road
10. Maybe I’m Amazed
11. I’ve Just Seen a Face
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. New
18. Queenie Eye
19. Lady Madonna
20. All Together Now
21. Lovely Rita
22. Everybody Out There
23. Eleanor Rigby
24. Being for the Benefit of Mr. Kite!
25. Something
26. Ob-La-Di, Ob-La-Da
27. Band on the Run
28. Back in the U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live and Let Die
31. Hey Jude
32. Day Tripper
33. Hi, Hi, Hi
34. Get Back
35. Yesterday
36. Helter Skelter
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End

【関連記事】

7月
10
2009

simon & garfunkel old friends

サイモン&ガーファンクル東京ドーム

12歳で歌い始めて,Rock’n Rollを好きになって,サウンド・オブ・サイレンスでヒットしてスターになって・・・2人の音楽性の違いなんかも感じ取れる・・・ そんな事を振り返りながらのコンサートだった。
2人ともすごく心が入っていたっていうか一生懸命のステージで,すばらしいコンサートだ 😉

シンプルで派手な演出はなく好きな歌を黙々と歌い演奏するスタイルが,良かったな。もう70歳になろうかというのに,声も演奏もまったく衰えない感じでびっくりもしたけど,何曲かしたら涙が出てきちゃった 😥

やっぱりold friends達はいいなぁ。

セットリスト
1. Old Friends
2. Bookends
3. A Hazy Shade of Winter
4. I Am a Rock
5. America
6. Kathy’s Song
7. Hey Schoolgirl
8. Be Bop a Lula
9. Scarborough Fair
10. Homeward Bound
11. Mrs. Robinson
12. Slip Slidin’ Away
13. Bright Eyes(アート・ガーファンクル solo)
14. A Heart in New York(アート・ガーファンクル solo)
15. Perfect Moment(アート・ガーファンクル solo)
16. Now I Lay Me Down To Sleep(アート・ガーファンクル solo)
17. The Boy in the Bubble(ポール・サイモン solo)
18. Diamonds on the Soles of Her Shoes(ポール・サイモンsolo)
19. Still Crazy After All These Years(ポール・サイモン solo)
20. The Only Living Boy in New York
21. El Condor Pasa
22. My Little Town
23. Bridge Over Troubled Water
(アンコール1)
24. The Sound of Silence
25. The Boxer
(アンコール2)
26. Leaves That are Green
27. Cecilia
(バンド・メンバー紹介)
28. Cecilia

【関連記事】

4月
16
2009

SIMON & GARFUNKELツアー2009

なんとSIMON & GARFUNKELが久々にやってくる。

2003年に日本に来ることになっていたんだけど,アートガーファンクルの事件があってツアーが中止になっちゃたんだけど,ついに来日する。ポールサイモンが「S&Gとしてツアーするのはこれが最後だろう」って言っているらしい。まあ,2人とも65歳はとっくに過ぎているんだろうからね。

J-WAVEで先行してチケット購入が出来るようなんで,土曜日は既に完売だったので,7/10の2人分を購入した。ドームだし,S席だけど抽選だから席は期待できないけど。

もちろん2人はもちろんだけど,サポートメンバーはどんな人が来るんだろう。セントラルパークでやった時は,俺の大好きなミュージシャンたちがバックだったからね。でもリチャードティーはもういないしな・・・

【関連記事】

2月
22
2009

ERIC CLAPTON & JEFF BECKのコンサート

昨日は、埼玉スーパーアリーナでクラプトンとジェフのコンサートを観てきた。ほぼ同時期に来日するんでもしかしたらって気もしていたんだけど、現実に一緒に演奏していたんだよね。

コンサートは3部構成で、まずジェフ。実はジェフ・ベックのライブは初めてなんだよね。(BBAが日本に来た時も観てない。当時はフロイドやELPにハマってたから) あのレッド・ブーツでノックアウト。高音が伸びる独特のギター音と、どうやって弾いているか解らない、しかもまったくミスがない完璧な演奏で、これが60歳をとうに越した人の演奏とは驚きです。もうまさに最高のギターリストです。ベースのかわいい女性もいい演奏でした。ジェフもガッツポーズが出るぐらいの会心のコンサート。

休憩をはさんでクラプトンの番です。これがまたクラプトンの原点って感じの選曲と素晴らしい演奏です。ジェフに刺激を受けてるのか、弾きまくっているクラプトンを観るのも珍しいです。

そしてびっくりな2人の共演。クラプトンのバンドに参加する形でジェフも一緒に演奏している。息もピッタリでもともとヤードバーズなんで音楽的にも接点はあるんだろうが、ジェフの高音が伸びるブルースギターもかっこいい。

日本でこんなコンサートが観れるなんて、主催者にほんと感謝です。

演奏曲目リスト
(Jeff Beck)
The Pump
You Never Know
Cause We’ve Ended as Lovers
Stratus
Angel
Led Boots
Goodbye Pork Pie Hat / Brush with the Blues
Tal & Jeff Solo
Blue Wind
A Day in the Life
– – – – encore – – – – –
Peter Gunn Theme

(Eric Clapton)
Drifitn
Layla
Motherless Child
Running On Faith
Tell The Truth
Little Queen Of Spades
Before You Accuse Me
Cocaine
Crossroads

(Eric Clapton/Jeff Beck)
You Need Lloue
Listen Here/Compared What
Here But I’m Gone
Outside Woman Blues
Little Brown Bird
Wee Wee Baby
I Want To Take You Higher

Jeff Beck/Guiter
Vinnie Colaiuta/Drums
Tal Wilkenfeld/Bass
David Sancious/Keyboads

Eric Clapton/Guiter,Vocals
Doyle Bramhall II/Guiter,Vocals
Willie Weeks/Bass
Chris Stainton/Keyboards
Abe Laboriel Jr./Drums
Sharon White/Backing Vocals
Michelle John/Backing Vocals

【関連記事】


ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録