These search terms have been highlighted:

NTTdocomoプラスエリア対応 anchor.png

日本で売っているNexus5(LG-D821)は,NTTdocomoのプラスエリアに対応していない。(WCDMAの一部対応)

  • WCDMA…Band:1/2/4/5/6/8
  • LTE…Band:1/3/5/7/8/20

赤のバンドが,NTTdocomoがサービスしているバンド。つまり,NTTdocomoのプラスエリアには,WCDMAはBand6のみ(Band19未対応),LTEは全く対応できない(Band19未対応)仕様になっている。
アメリカで販売されているNexus 5(LG-D820)は,WCDMA:Band6,19,LTE:Band19に対応しているみたいなんで,ハードウェアに違いがあるようだ。

Page Top

Nexus5のある部分をいじるとプラスエリアの電波を使えるようになるみたい anchor.png

なんかネットの情報で,モデムチップのNVRAMエリアを書き換えることで,WCDMAはBand6/19を,LTEはBand19を,対応している別の端末の設定を移植することで通信できたという情報を見つけた。

うーむ,凄い情報ですなぁ。

Page Top

念のためEFSパーテーションをバックアップしておく anchor.png

EFSには,MEID,IMEIの情報や,携帯電話の無線設定情報が含まれている。これをバックアップしておいて,間違って書き換えてしまった時にも,戻せるように準備しておく。

Nexus_5_Backup_EFS.zipをNexus5の/sdcardにコピーして,TWRPリカバリからfileNexus_5_Backup_EFS.zipを実行する。
そうすると,/sdcardにEFSパーテーションがfileefsbackupflashable.zipに作成される。

Page Top

DIAGモードでPCと接続する anchor.png

  • Nexus5をDIAGモードでPCと接続し,設定書き換えツールと接続する。
    boot.img(DIAGモード対応Kernel)があるフォルダでコマンドプロンプトを起動する。
    > adb reboot bootloader
    > fastboot boot boot.img
    > adb shell
    > su - 
    > setprop sys.usb.config diag,adb

PCのデバイスマネージャで確認すると,LGE AndroidNet USB Serial Port (ComXX)というエントリが出来ているんで,COMXXを覚えておく。

Page Top

LTEのBand19追加 anchor.png

  • モデムチップのNVRAMの中のRFNVエリア全てコピーしてバックアップしておく。
    使用ツールは,QPST(EFS Exploror)。接続には,覚えておいたcomXXを指定して接続する。全部で575個のエントリがあるんで,バックアップを取っておく。filemyNexus5_rfnv.zip
  • 足りないRFNVのエントリを,L-01Fのものを移植する。
    79個のファイルを追加してみた。fileL-01F_diff
    20019~22910:EDGE・GSMやWCDMA関連
    22941~22971:該当なし
    23137~23187,24201,24950:LTE B21関連
    24200:LTE B19関連
    23759:RFNV LTE C0 SPURS TABLE(?)
    実際には,移植が必要なのは,22969/24200の2ファイルのみでOKみたい。fileL-01F_diff_2files
    22969: RFNV_LTE_B19_TX_MULTI_LIN_DATA_I
    24200: RFNV_LTE_B19_C1_RX_GAIN_I_I
    ということで,LTE B19の送信関連の設定値とゲイン関連の設定値だそうだ。
  • NV領域の#6828番と#6829番を以下の通りに書き換える。
    D5 00 08 -> D5 00 04 (Band:1/3/5/7/8/19)
    もしくは    05 00 04 (Band:1/3/5/7/19)
    LSB側からBand1,Band2,...になっていて、1にするとそのBandが有効になる。リトルエンディアンにして書き込む。#6828と#6829は同じ数値を書き込む。D5 00 04が良いみたいだが,↑で試してみた。(Band:1/3/5/7/19仕様)これでもうまくBand19が使えていた。その後,D5 00 04に変更した。
    書き換えるツールは,「NV-items reader writer」を使った。
Page Top

WCDMA Band19追加 anchor.png

NVRAMの#1877だけを書き換えてみた。

  • 変更するアドレスは,NVRAMの#1877番と#441番・#946番・#2954番
    • #1877番(NV_RF_BC_CONFIG_I)
      3Gの対応バンドを指定する。
      Band1,2,4,5,6,8:    80 03 E8 0E 00 00 02 00 (初期値)
      Band1,5,6,8,19:     80 03 68 0C 00 00 02 10  最初,この設定で1日使ってみた。
      Band1,2,4,5,6,8,19: 80 03 E8 0E 00 00 02 10  その後,この値に設定。
Page Top

設定の固定 anchor.png

NVエリアを書き換えた直後の状態でリブートすると,設定が元に戻ってしまう。
そこで,Google Playから「Nexus5 field test mode」をインストールして,
アプリ起動>Root Settings>右上Menu>Settings(View)>LTE>Edit>Code入力(000000)>Band41(Enable/Disable)を選択>一度Enableにして>Disableに戻す>戻るキーで自動リブート

これで書き換えた内容で固定できる。


コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 12849, today: 2, yesterday: 4
Last-modified: 2014-11-22 (Sat) 10:36:30 (JST) (1919d) by yuji
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録