Windowsの回復コンソール anchor.png

知人のXPがセーフモードでも立ち上がらないような状況になってしまったようだ。
こんなWindows XPがセーフモードでも起動しなくなった時,回復コンソールってのがけっこう役に立つ。
通常XPでは,ファイルシステムにNTFSを使うんで,DOSなんかからではファイルにアクセス出来ない。こういう時に用意されているのがMSの「回復コンソール」て呼ばれる物です。この回復コンソールを起動させるには,以下の方法がある。

  1. Windows XPのインストール用CDROMを使って起動し,回復コンソールを起動する。
  2. どこかにあるI386フォルダ,あるいはXPのインストール用CDROMにあるwinnt32.exeを/cmdconsで実行し,回復コンソールをブートメニューにインストールしてから使う。XPと回復コンソールのマルチブートになる。
  3. MSがネット上で配布しているインストール用起動ディスクセットアップ(FD用)を入手し,それを使って6枚のFDを作製し,そのディスクを使って回復コンソールを起動する。

1の方法は,XPのインストールCDを所有している人は問題ないが,プレインストールPCではリカバリーCDはあってもインストールCDが無いのが普通なので,この方法は使えない。
2の方法は,起動不能トラブル発生前に前もって回復コンソールをインストールして置かないとダメ。愛用のAspire Oneでもこのようになっているんだけど,たぶん普通の人はこんな事していない。またプレインストールPCでは,正しいAdministratorのパスワードを入力してもパスワードが間違っていると言われちゃうことがあって,回復コンソールを起動できないこともある。
3の方法は,FDDドライブがない最近のPCでは,作製したくてもできない。

ってこんな状況が考えられる。そこで3の方法をFDじゃなくCDにしておけば,CDドライブがあるPCであれば回復コンソールが使えるようになるんで,作ってみた。

Page Top

回復コンソール起動CDを作る anchor.png

  1. MSのサイトから,起動ディスクのイメージをダウンロードする。いくつかあるけどSP2用にしてみた。*1
  2. ダウンロードしたファイルの中にあるcdboot1.imgからcdboot6.imgを取り出す。*2 取り出したら,imgファイルの中をのぞけるアプリを使って,中に入っているファイルを全て取り出す。そのファイルを適当なフォルダーにI386のフォルダーを作って,そこにコピーする。これを全てのimgファイルに対して行う。
  3. このページに添付されているwxp10.zipを適当なところに解凍しておいて,win51,win51ipていうファイルをI386の上のフォルダーにコピーする。さらにwin51ipをwin51ip.sp2とコピーする。
  4. isoイメージを作成できるアプリを使って*3,上で作ったフォルダーを登録する。さらにブートイメージとしてw2ksect.binを指定する。
  5. isoイメージをCDに焼いて,起動CDを作成する。
  6. この起動CDを使ってPCをブートすれば,回復コンソールが使える。

*1 なぜかSP3用がない
*2 これはFDイメージ
*3 MagicISOを使った

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 2576, today: 3, yesterday: 3
最終更新: 2010-02-14 (日) 07:48:54 (JST) (3327d) by yuji
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録