MinGWとMSYSってなに anchor.png

MinGW(Minimalist GNU for Windows)は,GNUツールチェインのWindows版で,Windows APIのヘッダー等を含んでいるので,これでWindowsで動作するアプリを開発することが出来る。C,C++のほかFortranやAdaなどもコンパイルすることが出来るみたいだ。

MinGWには2つのパッケージがあって,Windows環境に移植されたGCCと,MSYSという軽量なUNIX風シェル環境がある。

これを利用すれば,Visual Studioを持っていなくてもWindowsのアプリを開発できます。

Page Top

MinGWのインストール anchor.png

まずGCCやツール類をインストールする。

  1. SourceForge.net: MinGW download ProposedからMinGW-x.x.x.exeの最新版をダウンロードする。
  2. ダウンロードしたMinGW-x.x.x.exeを実行する。
    • "Download as needed and install"を選択する。
    • "Current"を選択する。
    • パッケージの選択では,Minimalセットを選んでg++ compilerだけで,CやC++のコンパイルは出来る。makeは,別途GNU Makeをインストールしたいので,ここでは選ばない。
    • インストール先を指定する。デフォルトは"C:\MinGW"。自動で,いろいろなパッケージをダウンロードしながらインストールしていく。
  3. 環境の設定
    • システム環境変数のPathに,c:\MinGW\bin(デフォルトの場合)を最後に追加する。
    • ユーザー環境変数,C_INCLUDE_PATHに「C:\MinGW\include」,CPLUS_INCLUDE_PATHに「C:\MinGW\include」,LIBRARY_PATHに「C:\MinGW\lib」を追加する。
Page Top

MSYSのインストール anchor.png

configureを使えるようにしたり,Unix風のShell環境を用意するMSYSをインストールする。

  1. MinGWと同じSourceForge.net: MinGW download ProposedからMSYS-x.x.x.exeの最新版をダウンロードする。
  2. ダウンロードしたMSYS-x.x.x.exeを実行する。
    • "Do you wish to continue with the post install? [yn ]"は"y"
    • "Do you have MinGW installed? [yn ]"は,上でインストール済なので"y"
    • "Where is your MinGW installation?"には,MinGWのインストール先を指定する。このとき,下のようにディレクトリの区切りにスラッシュ(/)を使用して指定する。
      C:/MinGW
    • デフォルトでは,c:\msys\1.0にインストールされるみたい。
    • インストールしたディレクトリに,msys.batが作られる。これを実行するとコンソールが起動する。 この時の,MSYSのシェルのホーム(~/)が実際にどこにあるかというと,
    • インストール前に,環境変数HOMEがシステムで指定してあれば,インストール時にそこに設定される。
    • 指定がなかったら,"[MSYSをインストールしたディレクトリ]\home\ユーザ名\"になる。デフォルトでは,"c:\msys\バージョン\home\ユーザ名\"。
    • msys.batの先頭の方で,set HOME=XXXXとして環境変数を設定すると,好きなフォルダーにホームディレクトリを設定できる。
  3. システム環境変数のPATHに,c:\msys\1.0\bin(デフォルトの場合)を追加しておくと,通常のコマンドプロンプトからも使用できる。
Page Top

MSYS-DTKのインストール anchor.png

開発にいくつか必要なコマンド類のパッケージ。

  1. MSYSとSourceForge.net: MinGW download Proposedから,"msysDTK-x.x.x.exe"の最新版をダウンロードする。
  2. ダウンロードした"msysDTK-x.x.x.exe"を実行する。
    • インストール先は,上記のMSYSと同じディレクトリにする。
Page Top

DirectX用のヘッダーを入れる anchor.png

MinGW(gcc)でDirectXを利用したプログラムをコンパイルするためには,ヘッダファイルとインポートライブラリが必要。インポートライブラリはMinGWにすでに含まれているみたいなんで,ヘッダーファイルをincludeフォルダーにコピーする。

http://www.libsdl.org/extras/win32/common/にあるdirectx-devel.tar.gzをダウンロードして,include以下にあるファイルをc:\MinGW\includeにコピーする。

Page Top

nasmをいれる anchor.png

コンパイル済みのものが,http://www.libsdl.org/extras/win32/mingw32/にnasm.exeがあるんで,それをダウンロードして,c:\MinGW\binにコピーする。

Page Top

SDLのインストール anchor.png

ゲームアプリなんかで利用されるSDLライブラリをインストールする。

  1. ソースファイルをダウンロード SDL1.2をhttp://www.libsdl.org/download-1.2.phpからSDL-1.2.13.tar.gzをダウンロードする。 それをコンパイルしてインストールします。(MSYS上で行う)
  2. SDL-1.2.13のソースコードを展開
    $ tar xvfz SDL-1.2.13.tar.gz
  3. SDL-1.2.13のコンパイル
    $ cd SDL-1.2.13
    $ sh configure --prefix=/mingw
    $ make
  4. SDL-1.2.13のインストール
    $ make install

これで,SDLライブラリのインストールが終了。


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 1169, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2020-12-26 (Sat) 16:07:43 (JST) (1158d) by yuji