ドライブ丸ごとのコピー anchor.png

  1. 新しいHDD DISKを接続して,電源を入れる。
  2. USBドライブ・ケースに新しいHDDをセットして,動作しているLinuxマシンに接続する。
    などして,PCにドライブを接続し認識させます。
    コピー元がなんの問題もないような状況だとこれで準備はOKだけど,死にかけているようなHDDをコピーする場合は,LiveCDのLinuxで起動させた後コピーすることになる。
Page Top

同じディスクの場合, 丸ごとコピー anchor.png

同じディスクなどでジオメトリ(シリンダ数・ヘッド数・セクタ数)等が同じ場合は,単に ddコマンドでドライブごとコピーすればいい。
ただし,死にかけドライブが元の場合は,読み取りエラーが起こっても中断してほしくないので,その為のオプションを付ける。

dd if=/dev/hda of=/dev/sda conv=sync,noerror bs=4096 count=1

'conv=sync,noerror' がポイントで,エラーが起こっても少しスキップして続きをコピーし続けます。スキップする大きさがbs=で指定した大きさです。あまり小さくすると転送速度が遅くなる。エラーがたくさん起こるディスクだと,この値を大きくしておかないと凄く時間がかかっちゃう。大きくしすぎると,エラー箇所の巻き添えで捨ててしまうデータが増えてしまいます。

最後のcount=1は,実際の作業では付けない。最初はテストしてみる用です。まあ時間もチェックできるんで。

Page Top

異なる容量のディスクで,丸ごとコピー anchor.png

この場合は,前もってコピー先のHDDにパーテーションを切っておきます。
この後は,パーテーションごと丸ごとコピーすればOKかな。

dd if=/dev/hda1 of=/dev/sda1 conv=sync,noerror

のようなコマンドでコピーすればOKです。パーテーション指定にしただけですね。

注意しないと行けないのはパーテーションを設定するときに,起動したいパーティションには,ブート可能フラグをつけなきゃだめです。

Page Top

パーテーションマジックを使う anchor.png

Windowsマシンで動作するパーテーションマジックを使ってドライブごとコピーが実は簡単だったりして。

と思ったら,LinuxでもGPartedてのがパーテーションマジックみたいに使えるみたいだ。


コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 2073, today: 2, yesterday: 1
Last-modified: 2008-10-05 (Sun) 00:59:44 (JST) (3907d) by yuji
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録