奥さんが「でぶlog」にすればって言うんで
5月
09
2024

PX-W3U4が動かなくなった

もう4年ぐらいTVの録画や旅行先でTVを見るのに活躍していたPX-W3U4なのだが,この前旅行から帰ってきて自宅の録画環境に接続したところ動作しなくなってしまった。

USBでPX-W3U4を接続した時に,本来はVID:PID=0511:083fのはずが,なぜかVID:PID=048d:9306(ITEtechでの標準)になっている。このためLinuxのpx4_drvデバイスドライバーが動作しなくなっていた。

試しにWindowsのNote PCに接続しても同様に動作しない。しょうがないんで,デバイスドライバー(WinUSB版px4_drv)のinfファイルをVID:PID=048d:9306に変更して,デジタル署名をし直した後デバイスドライバーをインストールしたら,WindowsマシンではTV放送が見れるようになった。つまりUSBで接続時にPX-W3U4のVID:PIDが変わっただけで,TVの視聴・録画などの機能は問題なく動作しているようだ。

Linuxマシンのデバイスドライバー(px4_drv)は,VID:PID=048d:9306にして,EEPROMに入っているシリアル番号を取得する部分などを修正して,動作するように出来た。

PX-W3U4には24C02のEEPROMが実装されていて,そこにVIDやPID,シリアル番号,プロダクト名などが書き込まれている。VID:PID=048d:9306になってしまうということは,たぶんこのEEPROMがIT9305Eからなんらかの理由で読み込めないのだと思うのだが,PX-W3U4をバラしてハードを確認しても特に問題はなさそうだった。

実装されているEEPROM(24C02)から書き込まれているデータをダンプしてみた。データ自体は,VID:PID=0511:083fになっていて特におかしくなっているようには思えないが,checksumとかどこかが書き換わっているのかも?

PX-W3U4を買い替えればいいんだけど,えらく価格が高くなってしまったので・・・ 修正したpx4_drvデバイスドライバーで動くようになったんでこのまま使用することにした。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ