Moto G5s PlusにCustom ROMをインストールする anchor.png

Moto G5s Plusは,Andoid 8.1 Oreoには更新されたがAndroid 9.0 Pieへの更新はメーカーから提供されない。

そこで,Custom ROMをインストールして,Android 8.1 Oreo以降のAndroidを使ってみる。

Page Top

LineageOSのインストール anchor.png

LineageOSは,AndroidのフリーでオープンソースなCustom ROMの一つ。
Custom ROMとして非常に人気が高かったCyanogenModの後継OS。CyanogenModが開発を中止したためコミュニティプロジェクトとしてフォークして開発が始まった。

CyanogenModと異なり,16.0まではroot権限は初めから組み込まれずオプションとして提供されている。17.1からは,オプション提供されなくなった。

LineageOSのバージョンとAndroidバージョンは以下のようになっている。

LineageOSAndroid初ビルドリリース日最終ビルドリリース日
13.06.0.1(Marshmallow)2016/12/20(CyanogenMod)
2017/01/22(LineageOS)
2018/02/11
14.17.1.2(Nougat)2016/11/09(CyanogenMod)
2017/01/22(LineageOS)
2019/02/24
15.18.1.0(Oreo)2018/02/262020/02/28
16.09.0.0(Pie)2019/03/01サポート中
17.110.0.0(Q)2020/04/01サポート中
Page Top

必要なファイル anchor.png

必要なファイルは以下のファイル。LineageOSはunofficial版になる。

TWRP以外のファイルは,MicroSDにコピーしてMoto G5s Plusにセットしておく。

Moto G5s Plusにあるアプリやデータはすべて書き変わったり削除されるので,大事なデータ等はバックアップしておく。

Page Top

PCにMotorola USB Driverをインストールする anchor.png

Windowsマシンへ,Motorola USB Driverをインストールする。

adb,fastbootコマンドなどのSDK Platform-Toolsもインストールされていることが必要。

Page Top

BootloaderをUnlockする anchor.png

Bootloaderは,OS(Kernel,Android)やRecoveryをロードしたりするプログラム。
このBootloaderは,ハードウェアベンダ(メーカー)によって独自にカスタマイズ作成されていて,動作するハードウェアに特化している。ソースコードも公開されていない。

通常の端末のようにBootloaderがLockされていると,許可したOSのみを起動出来るようになっている。

そこで,BootloaderのLockを解除(Bootloader Unlock)して,任意のOSを端末にインストール・起動することが出来るようにする。

BootloaderのLockを解除すると,端末メーカーでの保証が無効になる。 また,端末の全てのデータ(アプリデータと共有データ)が削除される。必要ならバックアップしておく。

Moto g5s plusのBootloaderをUnlockする方法は以下のようにする。

  • 動作している端末で開発オプションに入る
  • OEMロック解除を許可する
  • 端末の電源をOFF
  • VOL-Down + 電源ボタンでfastbootモードにする
  • unlockをリクエストするための情報を端末から取得する
    コマンドプロンプトを起動し,以下のコマンドで端末からunlock_dataを取得する。
    > fastboot oem get_unlock_data
    fastboot oem get_unlock_data
    ...
    (bootloader) Unlock data:
    (bootloader) ...................
    (bootloader) .......................................
    (bootloader) .......................................
    (bootloader) ..........................
    (bootloader)以降の数字をつなげた文字列を用意しておく。
  • Motorola global siteにPCでアクセスし,bootloader unlock codeを発行してもらう
    bootloader unlock Codeは,メールで送られてくる。
  • ロックを解除する
    コマンドプロンプトを起動し,以下のコマンドで解除する。
    > fastboot oem unlock <bootloader unlock Code>
  • 端末をリブートする
    > fastboot reboot
Page Top

カスタムリカバリーTWRPを導入 anchor.png

BootloaderをUnlockしたら,Recovery PartitionにCustom RecoveryのTWRPを書き込む。
書き込むファイルは,twrp-3.5.0_9-0-sanders.imgを使用した。

以下のようにして,fastboot flash modeに切り替える。

  • VOL-Down+電源ボタンを同時に押す。

Droid君が寝ている画面になれば,fastbootモードになっている。

USBケーブルでPCと接続して,TWRPを書き込む。

> fastboot flash recovery twrp-3.5.0_9-0-sanders.img

うまくいくと,

  :
(bootloader) Image not signed or corrupt
OKAY [  0.257s]
Finished. Total time: 0.667s

のように表示される。

上記手順でTWRPをFlash ROMに書き込んだら,TWRPを起動してみる。

  • fastboot flash modeのままVOL-Downボタンを押して,RECOVERY MODEを選択して電源ボタンを押す
  • 少し待つ
  • 「Never show this screen during boot again」にチェックを入れて,スワイプバーを右にスワイプする
  • メイン画面が表示される
Page Top

TWRPからCustom ROMを書き込む anchor.png

TWRPを起動しているので,

  • TWRPでWipe>Advanced Wipeとタップ
  • Dalvik/ART Cache,System,Cache,Data,にチェックを入れて,Swipe to Swipeを実行する

これで,Stock ROMが削除される。

LineageOSをFlash ROMに書き込む。

  • Installを押す
  • MicroSDに保存しているlineage-17.1-20200720-UNOFFICIAL-sanders.zipをタップする
    もしMicroSDに保存しているファイルが画面に表示されない場合は,Select Storageで変更してみる。
  • Swipe to cofirm Flashで書き込む
    「….done」の文字が表示されるまで待つ。
    表示されたら,画像赤枠をタップしてTWRPのトップ画面に戻る。
  • Installを押す
  • open_gapps-arm64-10.0-mini-xxxxxxxx.zipをタップする
  • Swipe to confirm Flashで書き込む
    終わったら,TWRPのトップ画面に戻る。

この後,Reboot Systemをタップして端末をリブートする。
時間がかかるが,起動するまで待つ。

Page Top

Lineage OSの初期セットアップ anchor.png

lineage-17.1-20200720-UNOFFICIAL-sanders.zipをFlash ROMに書き込んだので,Android 10.0が起動する。

  • 言語を日本語にして開始ボタンを押す
  • Networkに接続するためにWiFi設定をして接続する
  • 通常のAndroidのようにGoogleアカウントなんかを設定してセットアップする
Page Top

TWRPからMagiskを導入 anchor.png

lineage 17.1では,オプションでのroot化をサポートしなくなった。root化したい場合は,MagiskをTWRPからインストールする。

インストールは以下のようにする。

  • 端末の電源をOFFする。
  • VOL-Down+電源ボタンを押して,Fastbootモードにする。
  • VOL-Downを数回押してRECOVERYを選択して,電源ボタンを押してTWRPを起動する。
  • Installを押す。
  • microSDのMagisk-v22.0.zip(Magisk-v22.0.apkをリネームしたファイル)を選ぶ。
  • スワイプしてインストールする。

インストールが完了したら,system rebootで端末を再起動する。
再起動したら,アプリの一覧にMagiskのアイコンがあるので起動する。その後Magisk Managerの更新を行う。更新をするとMagiskアイコンが変更される。
「タップしてSafetynetチェックを開始」をタップして,Safetynetをパスしているか確認をする。チェック成功が表示されたらOK。

もしroot機能が原因で起動しないアプリがある場合は,Magisk Hideで対応する。
これで動作しないアプリも動作するようになる。

Page Top

Stock ROMに戻す方法 anchor.png

Page Top

Bootloader Unlockのワーニングメッセージ対策 anchor.png

端末を再起動の際には,BootloaderをUnlockしているため毎回ワーニングメッセージが出てブートするのに5秒待たされる。5秒待つのは,操作によりRecovery等をブートするため。
通常のブートで5秒待つのは回避できないが,ワーニングメッセージは表示される画像を入れ替えることで対策出来る。

> fastboot flash logo logo.bin

で,file表示画像を入れ替える。


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename Reload   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 943, today: 1, yesterday: 4
Last-modified: 2021-02-28 (Sun) 09:01:11 (JST) (484d) by yuji