奥さんが「でぶlog」にすればって言うんで
6月
03
2013

阪急茨木市駅の自動改札機でバスカードが通っちゃった

朝会社に通勤するときに阪急茨木市駅で電車に乗るんだけど,その時に駅の自動改札機で近鉄バスのバスカードを間違って入れちゃたんだけど,なんとそのままゲートが閉まらずに全くエラー音などもしないままバスカードは通常の所から排出され,自動改札機を通れてしまった 😯  朝の通勤時間帯の自動改札機はゲートが開いていて(閉まるまでの時間が来ないままに人が通っているのかも),人が通ろうとした時に何か問題があればゲートが閉まるようになっているんだけどね。
大山崎駅では,当然定期券(磁気カード)を自動改札機に通すとゲートは開かずエラーになった。駅員に事情を話して無事駅を出ることは出来たが・・・

それにしても近鉄バスのバスカードで何も問題なく通れちゃうってどういうことなんだろ。自動改札機はよく故障もしていて修理していることも良く見るし,実際に自分の磁気定期カードが飲み込まれて,30分ぐらい待たされることなんかもあったけど,これは酷い。
ずーっと開発の仕事をしているんで,機械だから問題があったり故障することもあるのは当たり前と思っているんだけど,これは自動改札機の仕様になにか問題があるように感じるなぁ。自動車もなんでも電子制御や自動化という方向なんだけど,大丈夫なのか日本の技術は!

5月
19
2013

近鉄バスの新車と時刻表

ちょっと古い話なんだけど,朝,通勤の時に乗る近鉄バスが新車になった。
日野自動車のバスなんだけど,ミッションを変更するときに「プッシュ・プッシュ」ってエアでアシストする音が聞こえる 😯  たぶん,クラッチ操作するMTで,リンクをエアで行なっているんだと思うんだけど。アイドリングストップと連動しているみたいだけど,どうなっているのかな。見ていると,ほとんど2ndから発進している。バスのメカニズムは全然知らないんだけど,そういえばクラッチレスのセミATはバスでは見たことが無いなぁ。

停留所に停止する時,エアサスのエアを抜くとかして?左側に傾けて止まったりして,路線バスの機構もいろいろ考えているんだなって思った。バックに装備したカメラの映像を映すのも当然カラーLCD Display。ただ,旧車では前輪上部にあたる場所は席になっていて座れたんだけど,新車だとただの荷物置きスペースになっているだけ。たぶん乗車人数も減っているんじゃないかな。これはどうかなって思うけどなぁ。

新車とは関係ないけど,バスの便数が1時間に2本ぐらい減っている気がする。ちょうど通勤するときの時間がなくなったって数分早いのに乗るか,15分以上後の次のバスに乗るかになってしまった。7時頭の時間帯で利用する人も多いのに,もう少し考えてもらいたかった 😥

【関連記事】

4月
30
2013

はじめての淡路島と四国でのキャンプ

はじめてキャンプというか淡路島に行ってみた。
本州四国連絡道路の明石海峡大橋を通って淡路島へ。橋をわたってすぐの淡路SAで観覧車に乗ってみた。観覧車なんていつぶりだろう。とにかく景色は抜群で楽しめた。淡路ICで下りたんだけど,ここでUターンも出来るみたいだ。
下りて少し北に走ると明石海峡大橋のすぐふもとにある「道の駅 あわじ」に行ってみた。海鮮丼なんかがある店で昼食。まあ観光地だからね 😕

海沿いを走って次の道の駅にも寄ったんだけど,その近くに中浜稔猫美術館ってのがあった。猫博物館ってのはどこかにあった気がするんだけど,猫美術館ははじめてだなぁ。
猫を描写した多くの作品が飾られているんだけど,猫の表情や性格がうまく描かれているので結構楽しめてよかったです。特に猫浜物語が泣けてきます 😉

FBIキャンプ場FBI(First Class Backpackers Inn.)に到着。オーナー?の人が出迎えていてちょっとビックリ。おしゃれなレゲェが聞こえてきそうなおしゃれなカフェ・バーが管理棟・受付になっていて若いオーナーが頑張っているんだなって感じた(曲はジミヘンだったけど・・・)。今日はここで一泊なんだけど,なんかキャンプしている人がGWなのに誰もいない。大丈夫かな・・・
船瀬ビーチにあるキャンプ場で,夏は海水浴で賑わいそうだ。誰も居ないんでサイトも使いたい放題 😉  雰囲気はなかなかいいです。
流し台が屋根が無いんで雨が降ったら大変かなって思っていたら,夜は雨が降ってきた。

淡路島では玉ねぎがいっぱい売っていたんで新玉ねぎを買ってみたんだけど,これが美味しい。

雨が降る中撤収作業,これが大変。この後四国でキャンプするんでとりあえずビニール袋にテントを突っ込んで終了。
帰る時もオーナー夫妻?が見送ってくれました。

【関連記事】

3月
03
2013

TOYOTAは975万台で研究開発費は7800億円だって

ベストカー見てたら,TOYOTAが2012年新車販売台数975万台で世界一に戻ったんだって。研究開発費が7800億円と驚きの数字。これって休みなしでも1日あたり21億円も使えるってことになって,これなら俺でも「どんな車でも作れちゃうだろうな」,なんて思ったりして。

まあ世界一車が売れているんだから何も文句や問題は無いんだけど,じゃTOYOTAの車を買いたいかっていうと買いたい車はないなぁってことになる。86だってSUBARUのBRZがあるからね。
世界一の自動車メーカーになっても,いいなぁて思うのは他のメーカーの車だったりするんで,新車販売台数って変な数字だなって思う。どこかの車を参考にして開発している間は,これは変わらないんじゃないかな。

とにかくTOYOTAには,事故を少なく出来るような安全装置をどんな車にも積極的に搭載していくクルマ作りをして欲しい。

2月
08
2013

マリン,少し体重が増えた

口と腫瘍の削除手術をして1ヶ月ぐらい経ったんだけど,少し体重が増えた 😉 昨日測ったら,2.58kgだったんで少し増えてる気がする。3kgぐらいになってくれればいいんだけど。傷も毛が生えてきて経過は順調な感じ。なんとなく以前に比べて元気な気がする。ひどかった口臭は,もう全く気にならなくなった。

ご飯に鰹節とか,夕御飯の魚なんかをあげたりしていたら,奥さんに怒られてしまった。腎臓対応キャットフードにしているのに,そんなんじゃ腎臓に影響あるじゃんだって。それはごもっともですm(__)m
ちょっとでも多く食べてくれればなぁって思ったんだけど,そりゃだめだよなやっぱり。

【関連記事】

1月
24
2013

良性で良かった

昨日,マリンの肥満細胞腫の病理検査の結果が出た。

祝い! 良性

良かったです。 抜糸も無事終了。体重は,変わらないんだけど・・・ いっぱい食べて体重増えて欲しいんだけど,もう何年も腎臓サポートなんだけど,美味くないようであまり食べない。なんかいい方法ないかな?

ちょうど薬がきれたんで,フォルテコールを処方してもらった。いつもの2.5mg バニラでなく粉のタイプを貰ったって奥さんが言っていた。
フェロミア/フォリアミンは,なんと処方されず様子見らしい。慢性貧血で血ができにくい病気なんで大丈夫かちょっと心配。ペットチニックの量を増やそうかな! それにしても,動物病院によって治療も薬の処方もかなり違うんで,飼い主としては心配なんだけどな・・・

【関連記事】

1月
16
2013

マリンは,肥満細胞腫だった

先週歯の抜歯・クリーニング治療と,左の首の下に出来た8mm程度の大きさの腫瘍を削除する手術をしたんだけど,その経過診断と腫瘍の検査状況のために,奥さんがマリンを連れて行った。

腫瘍はまだ病理検査途中らしいんで悪性かどうかはまだわからないそうだが,腫瘍は肥満細胞腫だとのこと。
以前,ナーマルがワクチンを右おしりあたりに接種した後大きな腫瘍が出来て手術で切除した時に腫瘍について調べたことがあって,肥満細胞腫のことも知っていたんでちょっとガックリ来ちゃった。というのも肥満細胞腫の50%程度は悪性腫瘍ということだからである。

もうこれだけいろいろな大きな病気になっているのに,また悪性腫瘍だったらと思うと,マリンがかわいそうだなって思ったから。マリン本人はなんとなくだけど,少し食事も多くなっている気もするし,ちょっと元気な気もするんだけど・・・  だけど体重も減ってきているしなぁ,病理検査の結果は1週間後なんだけど。いい結果を祈るだけなんだけど・・・

 

【関連記事】

1月
11
2013

マリン,ついに4本抜歯しちゃった

去年,マリンの口の状態が良くないんで,行きつけの動物病院で何度か相談するも症状の確認なんかもしてくれず心配になってきたんで,歯科に力を入れている「北大阪ペットメディカルプラザ」をネットで検索して見つけた。

年末にマリンを連れってって見てもらったところ,「かなり歯槽膿漏が進んでいるんで歯石取りクリーニング処置をすぐしたほうが良い。出来るだけ歯を残す処置をするが,もしどうしても必要なら抜歯も考えないと行けない。」との状態だった。マリンの今までの状況等も過去の資料とともに詳しく説明した上で,血液検査や健康状態のチェックをした上で,01/09に処置をしてもらうことにした。もちろん全身麻酔だが,より負担が少ないガスでの麻酔にしてもらうことにした。少し白血球が多いのと栄養不足・軽い脱水症状ということで,抗生物質と痛み止めを与えて食事をできるだけとって体力をつけて行うことに。
同時に左の首の下に出来た8mm程度の大きさの腫瘍もできていたんで,その切除手術もすることに。

01/09に09:00ぐらいに奥さんがマリンを病院に連れて行って,治療・手術を行った。やはり人間でいうと奥歯なのか左側上下の4本はもう歯として役に立っていないひどい状態だったため,やむなく抜歯を行った。通常歯を抜くとかなり出血すると言われていたんでそれがマリンにとっては心配だったんだけど(血液が殆どできない病気なんで),重度に歯槽膿漏が進んでいたため出血が逆に少なかったそうだ。
腫瘍も悪性の可能性もあるため大きくカットして切除した。まあ3針ぐらい縫っただけだけど。18:00にマリンを引き取りに行った。入院は無しでOKだった。
いろいろ詳しい説明をしてもらった。歯槽膿漏は完治はしないらしく,今後の日頃のケアが重要になるようだ。

家に帰ってきたら凄い食欲。手術直後にもかかわらず食べる食べる。先生も言っていたが,症状から判断すると相当食べるときに痛かったんじゃないかなと。

それにしても病院が違うとなんでこんなに違うのかなていうのが実感。もっと早くこんな病院が見つけられていれば,マリンの歯は抜かずにすんだと思うと,「ゴメンなマリン!」っていう思いだ。
元気になってくれ,マリン。

 

【関連記事】

1月
07
2013

マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝を見たぞ

昨日が最終日だった「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」を神戸市立博物館に行って見てきた。

シメオンの賛歌最終日だからかもしれないがすごい人。博物館に入ってからも1時間ぐらい待って,やっと絵を見れるといった状況。もちろん注目は,「真珠の耳飾りの少女」なわけですが,6点出展されたレンブラントの絵がやっぱり凄かったです。特に「シメオンの賛歌」は驚きです。暗闇の中の劇的な光に目が引きこまれます。どのようにして描けばこのように描けるのか驚嘆以外に言葉が出ません。老予言者シメオンが幼いイエスを抱いて,救世主であることを宣言する。将来イエスの身に振りかかる受難を予言する場面。この場面を絵で完璧に表現しているレンブラントは,まさに絵の魔術師。晩年の作品である「自画像」でもその表現力と工夫は凄いなぁ。

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」は,あの左から光が差し込む構図っていうのでは無い,ブラックの背景にフェルメールの娘(少女?)がふっとこちらを向いたところを描いているんだろうか? ずーと見ていると確かに引き込まれる不思議な感じがする絵だ。使われている色数も少ない気がする。ターバンの青と服なんかの黄色がメイン。うーむ凄くシンプルだ。なのにこの不思議な魅力に引き込まれる。この絵は売られていた時にはすごく汚れていて,1万円で買ったらしい 🙄

展示されていた他の絵もどれも興味深くて,楽しめました。それにしても,日本の美術館の展示ってどうしてこんなに混むのかなぁ 😉 それと写真撮らせてくれー!

【関連記事】

1月
05
2013

ミレーコレクションのすべてを見てきた

ぶらぶら美術・博物館でやっていたんだけど,山梨県県立美術館で1/2から「ミレーコレクションのすべて」が開催されるというのを見たんで,またミレーを見に行って来た。
落ち穂拾い夏この美術館は前にも見たんだけど,今回はミレーの油彩画11点を含む約70点のコレクションを初めて全部展示するということで,ちょっと楽しみにしていた。いろいろ理由があってラッキーにも「種をまく人」と「落ち穂拾い,夏」の2枚を1億5000万円と格安で購入した時からコレクションが始まったらしいんだけどね。「鶏に餌をやる女」や「夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い」や,素晴らしいコレクションが見れます。

以前,ボストン美術館が持っている「種まく人」と2枚並べて見たこともあったっけ 😉  「落ち穂拾い」もオルセー美術館展で横長のも見たことあるんで,楽しめます。山梨県県立美術館所蔵の方はオルセー美術館所蔵より4,5年前に書かれたらしい。縦と横の違いもあるんだけど,服装なんかも違います。こんな素晴らしい絵を身近で見ることが出来るのはありがたいです。落ち穂拾い

 

 

 

 

 

名作,種をまく男

【関連記事】


ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録